本文へ移動

JAバンクセーフティネット

JAバンクには「JAバンク・セーフティネット」があります

 より安心な金融機関として信頼を得るために、JAバンクは「JAバンク・セーフティーネット」を構築しています。
 まず、公的制度である「貯金保険制度」。そして、「JAバンクシステム」のもとJAバンク全体で経営健全性を確保するための支援制度である「JAバンク支援基金」。この仕組みによって、組合員・利用者の皆様により一層の「安心」をお届けします。

貯金保険制度

「貯金保険制度」は貯金者保護のための国の公的な制度であり、JA・信連・農林中金などが加入しています。
この制度は、政府・日銀・農林中金・信連などの出資により設立された貯金保険機構によって運営されており、JAなどから収納された保険料を原資に、万一JAが経営破綻して貯金の払い戻しができなくなった場合などに貯金を一定の範囲で保護します。
「貯金保険制度」における貯金者保護のための仕組みは、「預金保険制度」(銀行・信金・信組・労金などが加入)と基本的に同じです。

JAバンク支援資金等

JAバンクの健全性維持を支援する為、JAバンク独自の取り組みを行っています。
全国のJAバンクの搬出により設置された「JAバンク支援基金」等を活用し、個々のJAによる経営健全性維持のための取組みに必要な支援(資本注入など)を行います。
また、万一緊急の事態に陥ったJAへの貸付や経営が困難となったJAへの資金援助なども国の制度である貯金保険制度と連携して行います。

0
2
1
9
6
3
TOPへ戻る