本文へ移動

JAあまみの概要

 JAあまみは平成18年4月に、島嶼間の7JA(奄美、喜界町、徳之島、天城町、和泊町、知名町、与論町)が合併して誕生しました。

 鹿児島県の最南端に位置し、気候は亜熱帯海洋性で四季を通じて温暖多雨です。名瀬では、年平均気温が21度で、日平均気温が10度以下になる日はなく、夏日が180日間程あり、夏の期間が本土よりも1ヶ月長いです。

 外海離島、五つの島から成り、海を隔てた合併は全国的にもめずらしく、各離島地域に根ざした事業運営に取り組んでいます。

 灼熱の太陽の下、サトウキビ、馬鈴薯、亜熱帯果樹などミネラルたっぷりの「安心・安全」で消費者に信頼される農作物を作り、奄美の風土と良さを生かした事業の展開に努めたいと考えています。

0
2
1
9
6
3
TOPへ戻る